大阪北摂リノベーションラボ・レミューズ
リフォームコーディネーターの堀川 八重(ホリカワ ヤエ)です。
断熱リフォームについてお伝えしていきたいと思います。
第二弾として断熱リフォームのメリットをお伝えします。

断熱リフォームのメリット

急な温度変化により、血圧の急激な上昇下降で意識を失ってしまう症状のことをいいます。

冬場、暖かい部屋から寒い洗面所やお風呂、トイレなどに移動することでヒートショックが発生し、
命を落とす人が増加しています。また救急対応により命は助かったとしても、後遺症により寝たきり
となってしまう人もいます。
特にお風呂場での事故死が多く、厚生労働省の人口動態統計によると、2004年から10年間で約7割も増加しています。
その中でも特に高齢者(65歳以上)が約9割を占め、高齢者の増加に伴って入浴中の事故死が増えていることになります。

さらにお風呂場での事故は冬季に多く、全体の約5割が12月~2月の間に発生しています。
入浴中の事故死の数と気温に関係があるという報告もあり、家の中が寒く断熱性能が低い家はヒートショックのリスクが高くなります。
断熱リフォーム施工で家の中の温度差が少なくできれば、ヒートショックによる危険を減らすことができます!

メリット2 室内の結露防止!カビ対策に!

冬、室内を灯油ストーブやヒーターで部屋を暖めますよね。

室内の温度も湿度も高い状態の空気が、冷たい外気に冷やされた窓ガラスに触れると結露が発生します。
また、室内の温度が低くても湿度があるため、結露は発生しやすくなります。結露が発生すると、
その周辺にカビが発生してしまう…。

家の中にカビが生えると、アトピーなどの皮膚炎やアレルギー症状など人体に影響を与えてしまう事も。
断熱リフォームで窓の結露を減らすことができれば、カビやダニの減少につながります!

特に窓ガラスやサッシの交換、または内窓(インナーサッシ)の設置で結露防止に効果を発揮します!

メリット3 暖かい家は病気を防ぐ!

家全体が暖かくなると、病気が劇的に改善することが研究結果からわかっています。

高断熱住宅へ転居した約20,000人のアンケート調査では、転居後に体調不良の症状の改善率が高くなっています。

断熱リフォームで窓の結露を減らすことができれば、カビやダニの減少につながります!

メリット4 冬暖かく夏涼しい、快適な家!

断熱性能が高い家はズバリ快適です!
断熱性能が低い家と断熱性能の高い家では同じ室温20℃であっても、体感温度は異なります。
なぜなら、私たちが感じる体感温度は室内の温度だけでなく、家の周囲の表面温度の影響を受けるから。
建物の床、天井、壁、窓などの表面温度によって体感温度は異なるのです。
建物の断熱性能が上がると、室内の温度変化が緩やかになるため、冷暖房機の使用を抑えられるので
光熱費が安くなり、節約につながります!

「断熱リフォームの窓口」の断熱診断では、あなたのお家の冷暖房費のシミュレーションができます!

シミュレーション例
床、屋根、窓ガラスなどの断熱リフォームを行い、断熱等級1(断熱性能が低い)から断熱等級4へ性能向上した場合

年間で約14万4,000円の削減の効果があるとシミュレーション結果が出ました!

断熱リフォームの対象箇所や内容によって効果は変わりますが、断熱性能が向上した分だけ電気代を安くすることができます!
そして、その電気代の削減効果はその家で暮らす限りずっと続きます。

あなたは今のお家にあと何年住みますか?
10年以上住む予定であれば、お家自体を快適な環境にする断熱リフォームをおすすめします。
日本の平均寿命は世界一!
年齢を重ねるごとに毎日の体調は寒さや暑さによって左右される事も。
家の中にいても熱中症や脱水症状になってしまったり、室内なのに寒さに耐えながら生活するよりも、せっかく長生きするなら、快適に元気に過ごせる自宅での時間を増やしていきたいものです。

れからずっと暮らすあなたのお家を、快適に過ごせる空間にする断熱リフォームをおすすめします!
断熱リフォームで家族みんなが健康、元気で笑顔であふれる暮らしを

限定! 無料キャンペーンのお知らせ

断熱の無料相談をお申込み頂いた方、毎月先着10名様に「住まいと健康の秘密」レポートをプレゼント!
さらに、毎月先着3名様限定モニターキャンペーン実施中
通常50,000円の断熱診断ライトを無料でご提供

リノベーションスタイルラボ・レミューズの断熱の窓口はこちらから